プラス思考、プラススパイラル「ハイキュー!!」

最近読み始めてとても面白いと思っているマンガが「ハイキュー!!」です。

スポーツ系の漫画はあまり読まないのですが、たまたま家族が読んでいるのを読み始めたら一気にはまってしまいました。

過去、強豪といわれていた高校の男子バレー部が、とある事情でこの数年衰退していたところに、新入生や新顧問、新監督の登場により、爆発的に成長していく様子を描いています。

この漫画で、何より好きなのが、皆が皆、相手のミスを期待したり、卑下したり、良くない方法を使うことをしないことです。

自分が勝ちたい、優位に立ちたいと思う時、ライバルや自分以外の人たちの「マイナスポイント」を期待してしまう考え方を改めさせられます。

強い相手に会ったとき、自分はそれ以上になりたいと考えて考えて努力する姿が、読んでいてとても気持ちの良い漫画でした。

漫画としてのキャラクターそれぞれの個性も強く、それぞれに思い入れができます。

負けた悔しさをバネにする、勝って尚努力を怠らない。

THE・青春!ですが、大人になって社会に出た時も同じようにこういった気持ちを持って取り組めたら素敵だと感じます。

既刊の中で一番好きな試合は「烏野対白鳥沢」のゲームです。

ゲーム中にお互いがお互いの力をどんどん引き出しあう様子は、とても面白く、また、ひとつひとつのプレーがずっしり重く、思わず息を止めて読んでしまっている時もあります。

自分自身はバレーの経験が無く、ルールもあまりわからない状態で読み始めたのですが、同じように顧問の先生が初心者と設定されており、先生が選手たちに教わったりする様子がきちんと描かれているため、読み手も都度ルールを理解することが出来ます。

まだまだ魅力的な選手が味方にも的にもいます。今後長く続いてほしい漫画の一つです。